SM奴隷の調教日課(土下座からのルーチンワーク) – 私雨 アナル奴隷系SM調教ブログ

SM奴隷の調教日課(土下座からのルーチンワーク)

調教の始まりは土下座挨拶。

SM調教といっても毎回新しいことをやるわけではない。少しずつ新しい事も試してみるがほとんどが同じ事の繰り返し。
調教の挨拶等はいつも変わらない。まずは首輪を付けさせて土下座をさせ、服従の挨拶をさせ、ビンタをして踏みつけてM女がSM奴隷である事を確認させる。毎回同じ事をしているが少しずつ反応が違い飽きることもない。土下座は当たり前の事を当たり前に確認する行為です。 
SM奴隷の調教日課(土下座からのルーチンワーク) 奴隷調教・主従調教
奴隷は挨拶が終わったら床に頭を擦り付けて次の命令まで待機。身体を動かす事は何分放置されても一切認めない。
SM奴隷の調教日課(土下座からのルーチンワーク) 奴隷調教・主従調教
奴隷は足で踏みつけられる。踏みつけられても蹴られて転がされても何も言わずにすぐに土下座の姿勢に戻るのが正しい奴隷。
丸出しの下半身にはアナルジュエリー。これもボンデージ奴隷の身だしなみ。
こんな扱いを受けても特にM女は嫌がることもない。むしろ安心した顔を見せる。SMではごく当たり前な話。

関連記事