2016年2月 | 私雨 アナル奴隷系SM調教ブログ

2016年02月

イチジク浣腸で排泄する全頭マスクのアナル奴隷

鞭入れた後なので可哀想な尻になってますが容赦なく浣腸でSM調教。 糞汁が透明になるまで義務的に1リットルの浣腸をイルリで繰り返す。 あとで糞がついたらM女の責任なのでしっかりやらせる。 ちなみにアナル弄るのが好きなだけで糞が好きなわけではない。(今気がついた) 残念ながら浣腸自体はスカトロ趣味じゃないのですぐ飽きる。 何度か入れてやって最後は ”臭い残り汁全部出しとけ” と命令して引っ込む事が多い。 それでもまあ排泄という恥を晒すM女はこの上なく恥ずかしいらしい。

風呂場でアナル奴隷にイチジク浣腸をいれてみる

素人M女をアナルセックス用のアナル奴隷にするためにグリセリンを少々浣腸して排泄調教。 浣腸液がにじみ出てくるまでたっぷり我慢させる。 その後で許しを出すまで “何でもするので奴隷に糞させてください” “奴隷の糞ひり出す所を見てください” “奴隷が糞逝きしますので見てください” などでかい声で言わせて羞恥でSM調教する。 スカトロの趣味はないがせっかくだから恥は晒させよう。

SM的絶対領域(破綻中)

前回のローキー写真つながりのオフショット。

土下座と麻縄と快楽にもだえるM女

言葉で責めながら背後に移動。もちろん縄も一緒に。背中、腰、ふくらはぎと麻縄を絡めてやる。

擦れる麻縄で感じるM女

全頭マスクの暗闇の中で麻縄を滑らせる。敏感になった触覚だけで感じるM。我慢できず身悶えするので”誰が姿勢を崩していいと言った?”と叱責する。”縄が触れるだけで感じる変態だな”と羞恥を煽る。

土下座で奴隷の挨拶をするM女

やっと真面目に挨拶する気になったらしい。※ノロノロしてたので軽く鞭もらって腕が赤くなってるけど。"声が小さい""姿勢が悪い""言葉がつまった""気持ちが入ってない"上手くいったはずなのになぜか難癖をつけられる。

恥ずかしがって奴隷の挨拶を躊躇する素人M女。

まず正座で挨拶させる。 “命令ならどんな恥でも晒させてください” “3つの穴全部使って奴隷奉仕をさせてください” “従順になるまで厳しくSM調教してください” そんな程度の台詞ですが・・・

調教の始まりは全頭マスクをつける事から

SMは導入部が大切だと思う。最初に全頭マスクさせることでMの照れを隠してやる。隠すことでマゾを開放してやるとも言える。恥ずかしいからとずっと俯いてたらMも楽しくないだろう。・・・俺ってけっこう優しいSだなと今書き込んで思った。